旅をして、映画を観るのが好きです。映画は何を観るかではなく、どこで観るか。誰と観るかではなく、どこで観るか。
どこで観るか!
それも大きな要素なのです。
新宿で観るか、横浜で観るか。
さああなたはどこで観るか?

今、映画を観るために関西に旅をしようと本気で考えてしまいました。
かなりきわどい。それって意味あるの?
って自分でも思ってる。

けどその馬鹿らしいスリルは、何者にも代え難いのです。

image

シンプルなことはとてもいい。
なにもかもシンプルにできたらなんと素晴らしいことでしょう!
例えば靴も一足だけ。
それなら出かけるときに悩むこともない。

しかし雨が降って、その靴がビチョビチョになったらどうするか?
出先で新しい靴をもう一足買うか。

いや、ビチョビチョのまま履くのです!履き倒す!!

乾くまで履く!!

それができる人だけが、シンプルな人生を歩むことができるのです。

image

みなお風呂に入ると思います。
本当は毎日入りたいけど、疲れている時はそうはいかない。

家に帰ると、疲れていつの間にか寝てしまっていたりする。

いままでもそうでした。
どんなに努力しても、「お風呂に入ることが面倒くさい」ともなってしまうこともよくありました。

でも最近、新たな考え方を一つ見つけました。
それはとある文章で見つけたのですが、お風呂に入るということは祈るということです。

いやそういう風に書いてあったかはもはや覚えていないのですが、儀式として風呂に入るのです。
「は?なにいってんの?」
と思うかもしれませんが、そう思って入るとなんだか神聖な気がしてとても気分がいい。
ある意味、滝に打たれるというようなのに似てるかな。
いままで滝に打たれたことはないけど。
シャワーも似てるじゃん?

そんな風に思って、最近お風呂にいつもよりたくさん入っています。
ドラえもんのしずちゃんの気持ちが良く分かる昨今の話しでした。

image

↑このページのトップヘ